ふく処 信剣 ~熟成ふぐ刺しで札幌すすきのからふく(福)をお届けします~

札幌市中央区に平成29年2月9日新規開店した国産とらふぐ料理専門店です。ふぐ刺しにこだわり、北海道では珍しい鶴を模った鶴盛はお祝いの席にも喜ばれております。九州産のふぐやふくねぎは現地直送、それ以外の食材は調味料に至るまで極力北海道産と西日本産を使用しております。

2018.04.20 Friday

ふく処信剣について

ふく処信剣のホームページにお越しくださいましてありがとうございます。

当店は平成29年2月9日(ふぐの日)に新規開店致しました。

 

・札幌でなぜふぐ料理専門店?

 人見知りだけど人に喜んでもらったり、わいわい騒いでもらうのが好きで、板前の世界に飛び込んで約26年。

大阪・名古屋・東京(築地・新宿)と料理の修業がてら、日本のあちこちを渡り歩いてきましたが、東日本大震災を機に縁あって東京から札幌に引っ越して参りました。

はじめは自分の店を札幌で開くことは正直考えていませんでした。

けれど北海道での暮らしを経験してゆく中で、雪の時期が長い札幌では、鍋料理も長く楽しめること、本州よりも早くからお客様が食べに来てくれることや、

春を過ぎても客足が途絶えないことがわかり、もっと美味しいふぐを食べてもらいたいという気持ちがいつの間にか芽生え、平成29年2月9日というふくにちなんだ日に開業の運びとなりました。

 

 

・「ふく処 信剣」という屋号について

幼少期より趣味で剣道をやっていた店主が、お世話になった恩師の名前と自分の名前の共通する一文字『信』と、

「自分の店を持つ日が来たら『剣』の一文字を加えよう」、と長年思い描いていたことからこの屋号になりました。

またふぐ料理の本場、下関ではふぐのことを「福を呼ぶ魚」として敢えて濁点をとり、「ふく」と呼んでいます。

店主にとっては自分の好きな料理を思う存分ふるまうことができる場所=「ふく処」であると同時に、

足を運んでいただいたお客様にとっても福をお届けできる「ふく処」になりますよう、今後とも精進してまいります。

 

 

FKM10362_fin.JPG